ヨギボーマックスのソファーについて

ヨギボーのソファーマックスは、大き目のソファにもベッドにもなる優れものです。
固すぎでもなく柔らかすぎでもないので、好きな形に変えることが出来ます。
ヨギボーは上手くフィットするので、違和感もありません。

 

ヨギボーを使わないときは立てておくことが出来るので、邪魔にもなりません。
ソファやベッドだと片付けるということはなかなか出来ませんが、これだと動かすことが出来るので、片付けも安心です。

 

カバーの色はレッド、ブルー、ブラックなど11種類あるので、自分の部屋に合わせたものにするのもよし、いくつか揃えて気分で代えるのもよしです。
使い勝手がいいので、くつろいでテーブル代わりにするのもいいかもしれません。

 

寝るだけでもいいし、くつろぎながらテレビを見たりゲームをするのもありです。
その人次第で色んな使い方が可能になります。
大きめなので窮屈になるということもなく、十分くつろげます。
あまり使わないとしても、置いておくだけでインテリアっぽくもなります。

 

 

 

 

 

ヨギボーマックスは迷わず買いだと思います!

 

yogibo(ヨギボー)のビーズクッション、いいえソファーです。
ビーズソファー、ビーズベッドとでも言えばいいでしょうか。

 

そのどれでもあって、どれでもない。

 

変幻自在のこれぞ理想形を体現してくれたヨギボーソファーマックスは買うしかありません。

 

日本の冬と言えばこたつですね、ダメ人間製造器としても有名です、コタツムリなんて表現も有名です。

 

恐らくヨギボーのソファーマックスも同じですね、それだけ優れている事の証明です、だからダメ人間製造器なんて揶揄されるんです良い意味で。

 

私個人、数年前にとある会社が販売しているビーズクッションに座ってみた事がありますが、座った瞬間やばいと思いました。
これまで座椅子や小さめのソファー等買って使ってみた事もありましたがどれも理想とは程遠い製品だったんです。

 

ところがビーズクッションはそうした物とは次元が違う物でした。
包容力が大事、と特に女性は言いますね。男性に対してですが。

 

ヨギボーは、その言葉通りの包容力を持っているのがこれです。
しかも自分の我儘にも臨機応変に応えてくれますから言うコトはありません。

 

どんなに頑張っても一般販売される製品は平均的なモノにならざるを得ないんですが、このヨギボーのソファーはそれを超えました。
中身はただのビーズです、でもカバーが一定の形を保証してくれその上で個人個人それぞれの体形や体勢に合わせてくれるんですから理想の商品と言わずしてどう言えば良いでしょう。

 

今まで布団やクッション、ソファーやタオル等を組み合わせて自分に合う感じに無理やり合わせて居た手間が消え去るんです。

 

しかも幾らでも形が変わると言ってもヘニャヘニャになったりせず、一度形が決まればそれを保持してくれます。
頼もしい限りですね。

 

 

ヨギボーマックスの口コミ

ヨギボーマックスのソファーに癒されています

私は基本インドア派な人間なので、家で快適に過ごしたいと家具には結構拘ります。肌触りとかソファーだと座り心地とか特に気になるタチなんです。

 

そしてそんな私のオススメのソファーが「ヨギボーのソファーマックス」です。正直コレはスゴイんです。快適過ぎて動けなくなるまさに魔法のソファです。出不精に拍車がかかりました。パソコンをする時も読書をする時も只管このソファの上で、もう休日の大半はこのソファで過ごしています。

 

そしてソファとしてだけでなくベットとしても使えるので休日のお昼寝もココです。それにこのソファとても軽くて簡単に移動も出来る優れもの。ソファーなのに立てて置けてそうすれば場所も取りません。

 

カバーもコットンだから肌触りがとてもいいんです。それに色もバリエーション豊かで11色あります。私はグリーンをセレクトしました。

 

ちょっと渋めの色でなんだかこのソファは見ているだけで癒されます。何ででしょうか妙に形が可愛いというか、私の体にフィットし過ぎるというか愛着が湧くのです。